>

便利な調理器具の登場!料理の楽しさをアップしよう

様子を見て買い足す楽しさ

調理器具の知識

キッチンに設置されているコンロのタイプも様々です。
フライパンや鍋には、ガスコンロ専用のものとIHコンロ専用のものと両方使えるタイプとで素材がそれぞれ違い、購入前にチェックしないと自宅のキッチンのコンロで使えないことがあります。
表示がない場合は、お店のスタッフに聞いてみて、よく確認する方がいいです。
一人暮らしになって、学校の調理実習以来に包丁を持つ人もいるかもしれません。
三徳包丁(文化包丁)があると、肉や魚や野菜などの大体の食材を扱うことはできます。
セラミック製などは、錆びにくく砥ぐ頻度が少なくて楽で、清潔に保管できます。
まな板は、包丁を使う時に食材を調理して切ったりする時の必須アイテムです。
プラスチック製の薄手のまな板でも、シートタイプのものでも。
場所を取らず軽くて値段も安く、肉用や魚用と野菜用等に衛生的に分けて使い、シートタイプと合わせて数枚揃える方がいいです。

簡単な料理に必須

一人暮らしで料理初心者でも、野菜を洗ってちぎるだけのサラダやパックしてあるハム等や生の魚介類を切ってのせるだけのサラダも簡単に作れます。
ざるやボウルは、茹でた麺類等の水切りや、洗った野菜の水切りなどに使用します。
ボウルは、ポテトサラダの茹でたジャガイモをマッシャーでつぶしたり他の具材や調味料と混ぜたり。
天ぷらの衣を、粉と卵と水や塩などを混ぜて作り、油で揚げる食材に衣をつけることもできます。
それらは重ねて収納できるものが良く、プラスチック製やシリコン製のものは軽くて安価です。
ステンレス製のボウルは耐久性があり、熱にも強いので、用途に合わせて買い足しても。
調理スプーンは、シリコン製やナイロン製のものがアイデアグッズにもあって、熱にも強く使い易い。
炒めることと混ぜることと返すこととすくうことのできる万能な「調理スプーン」を用意すると、バタバタせずに料理できるかもしれません。


この記事をシェアする