坐骨神経痛を筋力トレーニングで改善

坐骨神経痛を筋力トレーニングで改善する

坐骨神経痛,筋力トレーニング,改善

 

坐骨神経痛を改善するには、インナーマッスルを鍛えるのと良いです。腰から背中にかけて筋肉を覆っているのを、胸腰筋膜と言います。胸腰筋膜はコルセットのようなもので、腹横筋や腰方形筋や内腹斜筋等の体幹の中間層にある筋肉が動く事で、胸腰筋膜が引っ張るようにテンションがかかります。

 

コルセットを締めるような作用で、腹筋を締めて体幹を安定させます。筋力が弱まると体幹を支える作用は低下していき、体幹が安定しなくなり腰痛を引き起こします。腹圧も重要でお腹に力を入れると、腹横筋や横隔膜や骨盤底筋群が一緒に働き腹圧が高まります。

 

身体の内側から背骨の支えを強化するが、腰痛があると働きが弱まります。これらの事からインナーマッスルを鍛えると坐骨神経の改善に良いので、鍛えていきます。鍛え方はコアヌードル大の字で、骨盤のニュートラルポジションを取得できます。

 

骨盤を正常な位置に戻していくので、インナーマッスルを鍛える前に行うと良いです。コアヌードル前習えは、腹筋を中心にした体幹が鍛えられて背骨や内臓を正常な位置に保てるので姿勢の歪みも治せます。BBクランチはバランスボールを使用して行い、腹筋の深層部とヒップが同時に鍛えられ、背骨や内臓を前と後ろから支えるコルセットを強化出来ます。

道具なしで筋力トレーニングを行う

坐骨神経痛,筋力トレーニング,改善

 

道具なしで筋力トレーニングを行うメリットは、身体さえあればいつでも出来る事です。筋トレをやりたいと思った時に、即座に取り掛かる事が出来ます。自分の身体だけを使って行うので、怪我をしにくい事です。
フリーウエイトで行っていると、かなりの負荷の強い重量を扱っていると怪我をリスクが高いです。これに比べると、フォームをきちんと行っていれば怪我をしにくいです。筋トレを行うと太るイメージがあるが、かなり負荷を与えて行っている時だけです。

 

フリーウエイトは、強い負荷を与えるために行います。道具がないと負荷が低くなるので、速筋よりも遅筋の方が鍛えられます。持続力のある細い強い筋肉が鍛えらるので、太くしたくない人にはお勧めです。筋肥大はやり方によっては、大きくする事が出来ます。

 

筋肥大を起こすには限界まで追い込む事で、これ以上出来ないと思ってから1から3回行うと筋肥大を起こせるようになります。大胸筋を鍛えるには腕立て伏せが効果的で、背中なら懸垂です。お腹は腹筋を行い、足はスクワットが効果的です。

 

ハムストリングを鍛えるのならランジで、脹脛はカーフレイズです。様々な種目があるので、自分が鍛えたい部位の種目を選んで行いましょう。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。