筋力トレーニングすると太る理由

筋力トレーニングすると太る理由

筋力トレーニング,太る,理由

 

筋トレをすると太る理由は、筋肉が脂肪よりも重いからです。筋トレでダイエットをする人は、食事の量を間違えて筋肉が付いていくので見た目が変わっていないくても体重が増える場合があります。筋トレを行うとダイエットは出来るが、速筋を鍛えていると太くなってしまいます。

 

痩せるために筋トレを行う人は、遅筋を鍛えないといけないです。ウエイトトレーニングよりも自重トレーニングで、低負荷の高回数のトレーニングを行う方が良いです。高負荷なトレーニングを行っていると、身体が太くなる可能性が高まります。

 

食事制限を一緒に行うと、いつも通りの筋トレでも痩せる事が出来ます。摂取カロリーが消費カロリーよりマイナス500カロリーぐらいにすると、太る事がないです。もし太ってしまったり変わらない事があれば、停滞期に入っている事がほとんどです。

 

筋トレだけでも細くなる事は出来るが、有酸素運動を一緒に行うと更に効果的です。元々脂肪が沢山ある人は、有酸素運動を行うと更に痩せやすくなります。速く痩せるには、筋トレを行ったらタンパク質を摂取して緩めの糖質制限をする事です。

 

完全に糖質をカットするのは良くなく、筋トレに糖質は必須なので適度に摂取しましょう。

便秘解消のために筋力トレーニングを行う

筋力トレーニング,太る,理由

 

筋トレを行うと、便秘を解消出来ます。その理由は、筋肉が排便と関係しているためです。弛緩性便秘の場合は、大腸の緩みによって便を押し出す力が足りないために引き起こされます。腹筋はスムーズな排便を促すので、筋力が弱まっているとしっかりといきむ事が出来ないです。

 

筋トレを行うと便を押し出す力を養えるので、血行が促進されて自律神経に作用する事で蠕動運動も活発になり便秘が解消されます。便秘解消に効果的な筋トレの方法には、腹筋があります。普通の腹筋は簡単に出来る人が多いので、負荷を重くした足上げ腹筋があります。

 

これは仰向けに寝て軽く膝を立てて、おへその下辺りに手を置いて両脚を少しだけ床から浮かせて姿勢を5秒間キープします。斜め腹筋もあり、仰向けに大の字に寝そべり左膝を持ち上げて上体を斜めに起こして、左肘をくっ付けて5秒間キープします。

 

体勢を戻して、左右を入れ替えて同じように行います。四つ這い体操は、四つ這いになり左腕と右脚を床に平行になるように真っ直ぐ伸ばして5秒間キープします。伸ばした手足の肘と膝を引き寄せて5秒キープして、左右を入れ替えて同じように行います。

 

大の字体操は、仰向けに横により伸びをするように両手両足を思いきり開いて5秒キープします。伸ばした手足を身体の前に丸め込んで、背中も丸め込んで5秒キープしてを繰り返し行いましょう。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。