筋力トレーングでハゲる人ハゲない人の違い

筋力トレーングでハゲる人ハゲない人の違い

筋力トレーング,ハゲ

 

筋トレを行うと男性ホルモンが分泌されます。それは男性ホルモンの中のテストステロンが増加するためです。男性ホルモンが増加すると、体毛が濃くなって頭髪が薄くなります。筋トレを行うと、全身の筋肉量が増えるので基礎代謝が上がり脂肪燃焼効率も上がります。

 

筋トレを行うと必ずハゲるわけではなく、薄毛になる人とならない人がいます。ハゲる原因はテストステロンが5αリグターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンに変わります。これが毛根の根元にある毛母細胞の発毛活動の邪魔をするが、これが影響する人としない人がいます。

 

これによって、ハゲる人とハゲない人が出るのです。筋トレを行うと筋肉は増えるが、脂肪を燃やす量が増えただけです。筋肉や骨や内臓全てが含まれた体重よりも、体脂肪の管理が必要です。太っている人は薄毛の人が多いと、統計が出ています。

 

何も行わないと筋肉は落ちていき、脂肪は増えて行きます。ポンプ機能が弱まり血行不良が起きて、栄養が届かなくなり髪の毛が減っていきます。20代ピークに筋力は落ちていくので、筋トレを行う必要があります。

 

筋肉が落ちると、身体に血液が回らなくなり栄養が行き届かなくなります。このため、筋トレを行ったからと言っても必ずハゲるわけではないので、筋力を付けて脂肪を燃焼させて痩せる方が良いです。

筋力トレーニングと併用するサプリの副作用

筋力トレーング,ハゲ

 

筋肉を大きくするものに、プロホルモンがあります。プロホルモンはホルモンになる前の物質である、サプリメントです。体内で筋肉を強くするホルモンであるテストステロンに変わる物質で、プロテインやアミノ酸のように必要に応じて筋肉の材料になる栄養とは異なり、人間の身体の組織に直結して筋肉を合成するように働きかけます。

 

一般的なサプリメントよりも、大きな効果があります。プロホルモンはホルモンになる物質ではあるが、ホルモンそのものではないです。プロホルモンは摂取すると薬品であるので、副作用が少ないが挙げられています。

 

副作用としては男性ホルモンの分泌量が増えた事で起こるもので、それには男性の女性化があります。人体はバランスを維持するために女性ホルモンを増やす性質があり、男性でも乳房が発達する等の身体の女性化が起こります。

 

皮脂の分泌量も増えるので、男性型禿頭や皮膚の炎症やニキビが発生しやすくなります。全率肥大の原因になり、尿が出にくくなったり残尿感があったりします。プロホルモンは栄養素としてではなくて、体内のホルモンバランスに作用する薬物の要素が強い物質になります。

 

ほとんどのスポーツが薬物を禁止していることもあり、趣味で筋トレを行っている人もプロホルモンは使用しない方が良いです。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。