パーキンソン病を筋力トレーニングで回復

パーキンソン病を筋力トレーニングで回復

パーキンソン病,筋力トレーニング

 

パーキンソン病には手足の震えや筋肉のこわばりや動作緩慢や姿勢障害等の症状があり、筋トレを行う事でこれらの症状を緩和する事が出来ます。立つと歩くと座ると言う生活動作を、軽い負荷で同じ角度や同じ動きを繰り返します。

 

週に1から3回のトレーニングを行うだけで、症状を改善出来て寝たきりにならないように動きやすい状態が維持出来ます。筋肉や関節が硬くなる事を防ぐために、全身の筋肉を伸ばすトレーニングを行います。バランスを崩して転倒するのを防ぐために、膝立ちでの移動や片足立ち等バランス能力を維持する筋トレを行います。

 

運動の負荷が高いと疲れやすくなったり、薬の効果が持続しにくくなる可能性があります。歩行訓練はメトロノーム等を使って、手足を大きく動かしながら足踏みをします。筋肉を固まるのを防いで、トレッドミル上で歩くのも効果があります。

 

筋肉が硬くなると、前屈みになり姿勢が悪くなります。姿勢が悪くなると、肺が圧迫されて呼吸機能が低下します。姿勢を正して、深呼吸をする筋トレを行います。姿勢を正すにはインナーマッスルを鍛えると、体幹が鍛えられるので綺麗な姿勢が保てるようになります。

 

パーキンソン病は脳内の物質が不足する事で起こるので、脳を刺激出来るトレーニングを行いましょう。

パニック障害は筋力トレーニングで克服

パーキンソン病,筋力トレーニング

 

パニック障害は筋トレを行う事で、克服する事が出来ます。筋トレを行うと乳酸の代謝を良くする事が出来て、乳酸は強い運動をした時に筋肉に溜まる疲労物質です。パニック障害の原因になったり、発作を促す物質でもあります。

 

パニック障害の人は乳酸の代謝が高く、体内で出来た乳酸が外に排出されるまで健康な人よりも時間がかかります。パニック障害の人は運動を避ける傾向があるが、運動不足でも乳酸が溜まりやすいです。パニック障害で広場恐怖のある人は、行動範囲も狭くなってしまいます。

 

運動不足になり体力が落ちてしまい、ますます動くのが面倒になってしまいます。身体を動かしていると、体調が良くなり心にも良い影響が与えられます。運動をしている人の方が、治りが早くて完治や克服する確率も高いです。

 

筋肉を使うと脳由来栄養因子が産生されて、脳内に入る事で脳細胞を活性化していきます。海馬の神経細胞を活性化させて、健康な心に回復出来ます。筋トレを行う時のポイントは、普通に呼吸が出来て苦しくなく笑顔で出来て汗が心地よく感じられる程度です。

 

このため翌日まで疲労を残さない事で、自分に合った軽いものを選んでいけば種目は何でも良いです。続ける事が大切で、日常生活の中に習慣として取り入れる事が重要になります。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。