加圧トレーニングが痛い

加圧トレーニングが痛い

加圧トレーニング,痛い

 

普段の生活では血管は加圧のようなストレスを受ける事はなく、歳を取ると血管も衰えてきて弾力を失います。血管の拡張と収縮機能が衰えると、加圧ベルトを巻いた部分から指先までの血管内に血液量が増えて拡張するため痛みを感じる事があります。

 

拡張と収縮機能を取り戻す事で、血行の改善が期待出来ます。加圧トレーニングを行った時に痛みがある場合は、無理に続けるのは禁物です。指定の目盛り位置まで締めるのではなく、締めるのと緩めるのを3回くらい繰り返します。

 

これにより、血管は加圧される準備が出来ます。加圧と除圧の繰り返しによって、痛みが解消されていきます。締める時には上のベルトが下のベルトにきちんと重なっている事を確認して、ずれていると痛みが出る事が多いです。

 

巻いた後に触ったり鏡で見て、ずれている場合は緩めて巻き直します。ずっと緩いまま使用していると適正圧にならないので、加圧トレーニングの本来の効果が得られないです。慣れてきたら指定の目盛り位置まで戻して、トレーニングを継続するようにします。

 

血液をブーリングさせる運動を行う事で、加圧トレーニングの本来の効果が得られます。足を加圧する場合は、位置がずれないように座って締めるのがお勧めです。

加圧トレーニング後に筋肉痛になる

加圧トレーニング,痛い

 

加圧トレーニングを行った次の日には、けっこうな筋肉痛になります。加圧している時はしんどいと感じなくても、筋肉痛になります。加圧トレーニングは重い負荷をかけなくても、十分な効果を得られます。筋肉痛は3日で治るくらいがベストで、1.2日で治るレベルであると負荷が弱すぎで4日を超えるとオーバートレーニングになってしまいます。

 

通常の筋力トレーニングは高い負荷をかけて、筋繊維を破壊するため筋肉痛になりやすいです。加圧トレーニングの負荷は軽いので、筋繊維の破壊が極端に少ないです。筋肉痛を起こす原因になる筋繊維の破壊が少ないので、通常筋力トレーニングに比べると筋肉痛は少ないです。

 

筋肉痛が起きる程負荷を上げてしまうと、効果としては出やすくなります。しかし効果が出やすくなる反面、怪我等のリスクが増えてしまいます。筋肉痛が出るのは、身体に許容範囲を超えた負荷をかけている事にもなります。

 

このため必ず筋肉痛が出る負荷で行う必要はなく、筋肉痛が出る負荷と怪我等のリスクが出にくい負荷をトレーナーに見極めてもらい行うようにします。しかも筋肉痛になっていなくても、筋肉は成長する事が出来ます。

 

なので、筋肉痛が出ないと効果が得られないという事はないです。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。