加圧トレーニングの圧力の目安

加圧トレーニングの圧力の目安

加圧トレーニング,圧力,目安

 

加圧トレーニングでは、トレーニングに用いる負荷やトレーニングのメニューを決めやすくするために、基本圧という考え方が導入されています。基本圧とは対象者の年齢やトレーニングの目的の応じて、足と腕のそれぞれに設定された基本の圧力で4段階に分けて考えています。

 

高齢者の腕は40から60で、足は60から90です。中高年の腕は60から90で足は90から130で、一般の人の腕は90から130で脚は130から160です。アスリートの腕は130から180で、足は160から220です。専門の資格を持っている加圧トレーナーが、大正屋にどの基本圧を適用するのかを判断して、加圧センサーで測定しながら適用した基本圧でベルトを締めていきます。

 

対象者の反応見ながら、負荷やトレーニングのメニューを決めていきます。基本圧はある程度の幅があるため、その日の体調も見ながら圧をコントロールしていきます。対象者にとって最適な圧の強さの事を、適正圧と呼んでいます。

 

適正圧は基本圧の対象者が最も安全で効果の高い適正な圧力の事を言い、体調と筋力増強と筋肉の増加と血管の増加や心肺機能の増強等によって変わるので、専門のトレーナーが適正圧を見極める必要があります。

腕の加圧トレーニング

加圧トレーニング,圧力,目安

 

腕から肩にかけてがっちりとしている人は、加圧ベルトを腕に巻いて加圧と除圧を繰り返して血流を良くしていきましょう。血流を流す事で、筋肉をほぐしていきます。かっちりとしている人は、筋力があるので加圧トレーニングで細くしていきます。

 

加圧トレーニングは筋肉をほぐす事が出来るので、緩まり細くなります。腕全体がむくんでいる人は、血流を良くして老廃物を流して排出してあげる事です。加圧ベルトを巻きながら、ゴルフボール等の硬めのボールを両手のひらでコロコロと転がします。

 

これは加圧を行いながら、手のひらで血流をアップさせていくのです。二の腕に脂肪が多くてプルプルする人は、加圧トレーニングの後に侍従トレーニングを行います。二の腕を鍛える事で、締まりのある細そっりとした腕を手に入れられます。

 

加圧トレーニングは適度な圧力をかけるので、筋肉を鍛える事が出来るようになります。筋肉を鍛えて、腕のバランスを良くして引き締めます。二の腕を加圧トレーニングで痩せるには、自分の腕がどのようなタイプになっているのかを把握します。

 

加圧トレーニングに他のトレーニングを合わせるとより効果的になります。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。