筋力トレーニングの意味とは

筋力トレーニングの意味とは?

筋力トレーニング,意味

 

筋トレの意味は、筋肉の量を増やしたり筋肉を強くしたりするために行う運動です。筋肉は伸び縮みしたりする事がないと、細く弱くなっていきます。筋肉にはトレーニングで負荷をかけて、十分な栄養と休息を取ると超回復でパワーアップして蘇る反応がをします。

 

筋肉に与える刺激や休養や栄養の種類が正しくないと、効率良く筋トレが出来ないだけではなく逆に筋肉を弱くしたり身体に障害が残る場合もあります。筋トレには種類があり、自重トレーニングとウエイトトレーニングがあります。

 

自重トレーニングは腕立て伏せやスクワット等、自分の体重を利用して行うトレーニングです。道具がいらないので、大きな負荷がかからず怪我のリスクが小さいです。ウエイトトレーニングはダンベルやバーベル等、道具を使用して行うトレーニングです。

 

ピンポイントで自分の体重よりも大きな負荷をかける事が出来るが、使い方を誤ってしまうと怪我をするリスクが高いです。筋肉を肥大させるには、ウエイトトレーニングの方が効果的です。筋トレを行う時には、何を目的に行うかによって方法が変わります。

 

筋トレの初心者は自重トレーニングから始めて、慣れてきたらウエイトトレーニングに切り替えるのが良いです。

筋肉トレーニングとは?

筋力トレーニング,意味

 

筋トレとは筋肉に負荷をかける事で筋肉量を増やして、基礎代謝をアップさせることができる運動です。筋トレはマッチョの人をイメージするが、健康を維持するためや美容にとっても重要なものです。立ったり歩いたり座ったり等の日常生活を送るのに必要になるので、筋肉を維持する事は大切で筋力アップで血流や代謝が良くなります。

 

筋力が弱いと姿勢も悪くなり、猫背になり内臓の機能も低下する場合もあります。筋トレの効果が現れるのは、週に2回のペースで行っていき最低でも2ヶ月はかかります。筋肉は超回復を繰り返して、筋肉が肥大するまでに時間がかかるので週に2回くらい行うのが適切です。

 

2.3か月も続けると、見た目からも鍛えられているのが分かるようになります。1回でも筋肥大は起こるが、ミクロレベルであるので見た目では全く分からないです。筋トレ後に筋肉痛になると、筋肉が作られている事になります。

 

筋トレによって筋線維に小さいな傷が出来るので、そこが炎症を起こして発痛物質が筋膜を刺激するので筋肉痛が起こります。この時に筋トレの負荷に耐えようとして、更に強く太い筋線維になろうとするので筋力アップしていきます。

 

筋肉痛になったら、筋トレは休んで軽めの運動だけにするのが大切です。筋肉痛時、筋肉は炎症を起こしているので、その状態でさらに筋トレを行うと筋肉が育たず減ってしまう事もあるためです。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。