ロードバイクで筋力トレーニング

ロードバイクで筋力トレーニングを行う

ロードバイク,筋力トレーニング

 

ロードバイクで筋トレを行うと、大腿四頭筋が鍛えられます。大腿四頭筋は太ももの前面を縦に走行している4つの筋肉の総称で、筋肉群としては最も大きな筋肉です。ペダルを漕ぐために必要で、39%が使われています。

 

太ももの裏側であるハムストリングも鍛えられ、大腿四頭筋の次に脚で大きな筋肉になります。大殿筋はお尻の筋肉で、お尻の中で1番大きいです。サドルに乗ってペダル漕ぐので、脚の次に鍛えられます。体幹として腹筋と背筋は、ペダルを漕ぐ時に体幹がしっかりとしていないと身体がぶれてしまうので力を入れて走ります。

 

これにより、自然と腹筋と背筋に力が入り鍛えられるのです。上腕三頭筋は腕にある筋肉で、ハンドルを握ってペダルを漕ぐ時に必要になる筋肉です。ロードバイクのメリットは、続けやすい筋トレです。同じ負荷で行わないといけないウエートトレーニングに比べると、筋トレと有酸素運動を一度に出来るので続けやすいです。

 

ロードバイクを行う事で、ストレスを減らす事が出来ます。運動はストレスを軽減させるが、ロードバイクも効果があります。ロードバイクなら、他の種目と比べると周りの景色が変わるので新しい刺激が加わります。

 

この事からも、ロードバイクは続けやすい筋トレです。

重りを使って筋力トレーニングを行う

ロードバイク,筋力トレーニング

 

パワーリフトは手首に砂や砂鉄の入ったバンドを巻く事で、身体を鍛える事が出来る道具です。常に身に付ける事が出来るものであるが、負荷が低いです。付けているだけでは負荷はかからないので、腕を持ち上げた時に重力のかかる方向に抵抗する負荷がかかります。

 

このため筋トレ初心者が、スポーツの実践的なトレーニングを行う時に装着すると効果的です。格闘技の練習の時に、パワーリフトを手首に巻いてパンチを連続して練習する時に有効的です。重さに振り回される事なく、素早く連続してパンチを繰り返して出すためには身体の軸を安定させて正しいフォームで身体を回転させます。

 

インナーマッスルを鍛えるには、軽い重りで繰り返して行う動作が有効的です。数百グラムから1キロ程度の軽めなので、インナーマッスルを鍛える事が出来ます。パワーリフトのメリットは、重さを自由に変える事が出来る所です。

 

数百グラムから調整出来るので、微調整が効いて適切な負荷で筋トレが行えます。このため、ダンベル等と併用すると更に効果が高まります。手首等の末端に使用するので、使い方によっては関節に負荷がかかる場合があります。

 

このためパワーリフトのつけっぱなしはなるべくしない方が怪我のリスクを減らせます。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。