懸垂で細マッチョ

懸垂を行って細マッチョになる

懸垂,細マッチョ

 

懸垂を行うと、細マッチョになる事が出来ます。懸垂の効果は、背中が逆三角形になる事です。上半身をバランスよく鍛える事が出来て、姿勢を良くする事も出来るようになります。背中にある広背筋と上腕二頭筋を鍛える事が出来て、背中をムキムキにする事が出来ます。

 

代謝も上がり、ダイエット効果もあります。懸垂はバーを両手で持って肘を少しづつ曲げていき、胸の位置にバーが来るまで上げていきます。上がったら、ゆっくりと元に戻していくだけです。回数は10回を1セットを目安にして行うようにしますが、慣れていないと最初から10回連続で行うのはきついので出来る回数を行うようにします。

 

慣れてきたら、少しずつ回数を増やしていきます。トレーニングの間隔は毎日行うと折角行った効果が薄れてしまうため、最低でも48時間は空けるようにします。それは傷ついた広背筋と上腕二頭筋の修復を待たないといけないため、時間を空ける必要があるのです。

 

もしも簡単に10回出来るのであれば、背中にリュックを背負ってその中におもりになるものを入れて行います。背中が更にムキムキになり、かっこよくなれます。逆に全く懸垂が出来なかった人は、体重が重いと筋肉があっても上がらないため痩せてから行うようにするしかないです。

前腕を鍛えて細マッチョになる

懸垂,細マッチョ

 

腕に筋肉が付いていると、特に夏等の薄着になる季節には服を着ていても目立ちます。そこで前腕を鍛えて、細マッチョになる方法があります。前腕を鍛える方法には、ダンベルを使って鍛える事が出来ます。ダンベルを使うと前腕を集中的に鍛えられ、ムキムキになれます。

 

男性なら5から15キロがお勧めの重さで、10回行った時に少しきついと感じる重さで行うと筋肉に刺激がいっています。そのため、鍛えられます。即効性のある筋トレではないため、継続する事が重要です。1ヶ月目は引き締まった感じになり、2ヶ月目は筋力が付いてきているのがはっきりと分かってきます。

 

3ヶ月行うと他人からも鍛えられているのが分かるようになるため、長く感じますが続けていきます。握力グリップでも前腕が鍛えられて、筋トレの基礎の筋力が鍛えられるのでお勧めです。握力も鍛えていくと、自然に男らしい細マッチョの体型になれます。

 

1週間に2.3日行うのが目安で、他の日は休息日にします。筋肉が修復する時間を設けるために、休みを作ります。食事内容は筋トレが終わった後には、プロテインを飲むと良いです。タンパク質が筋肉には必要になるため、摂取すると筋肉に必要な栄養素が届くようになります。

登れば登る程細マッチョ

懸垂,細マッチョ

 

細マッチョ体型を目指すのであればお勧めのスポーツはボルダリングです。このスポーツはやってみるとわかりますが、重たい体重のままではあるレベルまでしか出来ません。よってレベルを上げようと思うと必然的に体重を落とさざるを得なくなります。

 

このスポーツの醍醐味は人の行けないルートを制覇する事にあるので、そこを制覇するという事と体重にはおおよそ比例関係があります。なぜなら壁を登って行くという事は重力に逆らう事になるので、その為には体重が軽い方が体への負担が少なくて済むからです。

 

そして登る時には全身の筋肉を使う事になるので、常に全身運動をする事となり、最初の頃は直ぐにギブアップとなる事間違い無しです。特に腕の筋肉は一回登るだけでパンパンになってしまう程なので、効果は満点です。

 

上達してくると逆バンクの所にもチャレンジする様になって来ますが、ここにチャレンジする頃には体重もそこそこ落ちて少し細マッチョに近づいてきていると思います。そして、逆バンクにチャレンジすると特に背中などの筋肉が刺激されるのでいい具合に鍛えられると思います。

 

このスポーツはスポーツとしても非常に楽しいですし、登れば登る程細マッチョになる為、筋肉作りの取り組みとしては非常にお勧めです。

金剛筋シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。